馬プラセンタは安心安全で栄養満点~supliでラクラク補給~

beauty

もずくの成分

もずくの歴史と成分について

woman

もずくは海藻類の一種で、日本では古くから、汁物に入れたり酢で和えたりすることで、食されていました。他の海藻類に絡み付いて成長する性質があり、その藻に付く様子からもずくと呼ばれるようになったと言われています。 以前は天然のものが食されていましたが、1970年代から養殖が始まり、現在では国内産のもずくの約9割が養殖されたものとなっています。 また、近年になってもずくに含まれているフコイダンという成分に、免疫力を高める作用があることが発見されました。さらにミネラルが豊富で低カロリーというところから、美肌作りやダイエットのためにも積極的に食されるようになりました。昨今では、もずくそのものではなく、それから作られたドリンクやサプリメントなどの健康食品も販売されいて、健康維持やダイエットに活用されています。

具体的な摂取カロリー

もずくは1人前が約100gなのですが、これを食べた場合の摂取カロリーは、5kcal前後となっています。仮に10人分食べたとしても、摂取カロリーはわずか50kcalほどなので、非常に低カロリーな食品と言えます。成人の1食分の平均摂取カロリーが700kcalなので、もずくを中心とした食事にすると、摂取カロリーをかなり抑えることができます。そのため多くの人が、もずくによるカロリー制限ダイエットをおこなっています。 さらにもずくには、水溶性食物繊維という水に溶ける繊維質が含まれているのですが、これには水を吸って膨らむという性質があります。つまりもずくを食べれば、胃の中で膨らむため満腹状態になりやすいということです。先に食べてお腹をある程度満たしておくことで、他の食品を食べる量を減らすことができるので、その点でもダイエットに便利とされています。